小顔効果を確実に

男性医師

施術後の注意点について

注射だけでエラを小さくできることから、ボトックスは多数の美容クリニックで人気メニューになっています。その一方で、「施術を受けたが効果がなかった」「かえってエラが大きくなってしまった」という口コミを見かけることもあります。このような事態が起きる原因としては、注射をした位置が適当でなかったことが考えられます。咬筋という筋肉が発達しすぎていると、エラが張って顔が大きく見えます。ボトックスは咬筋に直接注射して、その働きを弱める作用があり、効き目が現れればエラが縮小していきます。しかし顔面には他にも多くの筋肉があって、注射の位置を間違えると顎がだるく感じるだけで効果がなかったり、他の筋肉が弱まっただけ咬筋が強くなったりすることがあります。顔の筋肉に関する詳しい知識があれば、正しい位置に正しい分量のボトックスを注射することができます。安全確実にエラを縮小させるには、施術経験が豊富でしっかりした技術のあるドクターに依頼することが大切です。なお注射の位置が適当でも施術直後に顔をマッサージしたり、うつぶせ寝をしたりすると、薬剤が咬筋以外の場所へ広がってしまう可能性があります。ですから施術を受けた日は、できるだけ安静にすることを心がけてください。万が一ボトックス注射の効果がなかったり副作用が現れたりしたときは、どうすれば良いのでしょうか。まず薬剤の効果は半年ほどで切れ、それとともに副作用も自然に収まるため、慌てないことが大切です。エラが一時的に大きくなると焦ってしまうかもしれませんが、別のクリニックで追加の注射を受けるのは避けてください。ボトックスを注射すると体内に抗体ができるため、短期間に続けて施術しても効果が出ないことがあります。ただし抗体ができにくい薬剤を取り扱っているクリニックもあります。施術を受けるクリニックでどんな薬剤を使用しているか、あらかじめ調べておくと良いでしょう。エラボトックスの施術は5分ぐらいで終わりますし、ダウンタイムもないため、長期休暇を取ったりする必要はありません。正式に申し込む前に、疑問や不安があればカウンセリングで明らかにしておきましょう。保証制度があれば、もし効き目が感じられなかったときも安心です。カウンセリングはネットや電話から簡単に予約できます。正式な申込には認印や身分証が必要な場合があるので、持参するとスムーズに契約できます。また施術時にはメイクを落とすため、当日はメイク道具なども持参することをお勧めします。